HOME/web未経験に強い派遣会社を利用する

web未経験に強い派遣会社を利用する

Webデザイナーは、HTML・CSSなどのマークアップ言語をはじめ、PhotoshopやIllustratorといったデザインソフト、デザインに関する知識などが必要な専門性の高い仕事。

未経験からwebデザイナーになるためには、まず一通りのスキルを身につけてからでないと就職できないのでは…?そう考える人が多いのではないでしょうか。

確かに正社員として中途採用されるにはスキルと経験がなくては話になりません。しかし、派遣社員やアルバイトとしてなら先輩社員のアシスタントから始められるので、未経験にもチャンスはあるのです。ここでは派遣会社を利用してwebデザイナーになる方法を紹介します。

派遣会社を利用してwebデザイナーになるメリット

未経験からwebデザインを勉強して知識を身につけても、いざ就職・転職活動を始めてみると「実務経験あり」が条件となっている会社がほとんど。未経験OKの求人をただひたすら待っているだけでは、webデザイナーとして働ける未来は近づいてこないでしょう。

そこでおすすめしたいのが、派遣会社を利用することです。

そもそも派遣会社を利用するメリットとはなんでしょうか?

派遣会社なら求人数が多いので、大手企業で働ける可能性もあります。さらに、専門のコンサルタントに相談することも可能です。未経験OKの求人探しはもちろん、1人だと悩んでしまう履歴書・職務経歴書の書き方から就職・転職活動に必要なポートフォリオ(作品集)の作り方までサポートしてくれるので、業界未経験の人でもスムーズに仕事を見つけられます。

web業界に強い派遣会社なら、就職支援・スキルアップセミナーを行っているところもあるので利用してみると良いでしょう。

簡単な仕事から徐々にスキルを身につけられる

即戦力を求められる正社員と違い、派遣社員は画像の切り抜きなど簡単なアシスタント業務がメインになります。

「webサイトを作りたい」「デザインがやりたい」という夢を持っている人にとってはもの足りないかもしれませんが、簡単なアシスタント業務でもwebデザインスキルを身につけるための第一歩。

最初は簡単な仕事しか任せてもらえなくても、与えられた仕事をきちんとこなしてやる気をアピールすれば、自然と任せてもらえる範囲も広がっていきます。

派遣社員だからと遠慮せず、その会社の一員になったつもりで業務に取り組むことがプロへの近道なのです。

先輩webデザイナーの技術を盗める

アシスタント業務ということは、先輩webデザイナーの手助けをするということ。業界で活躍するプロの仕事を間近で見られるので、より実践的なスキルを盗めるチャンスでもあるのです。

忙しい中で実務をこなしてきた先輩社員からは、効率的なソフトの操作方法や美しいマークアップの仕方など多くのことを学べます。

アシスタント業務をただの雑用係として考えるのではなく、下積み期間と考えてみるとその後の成長度合いが大きく変化しますよ。

派遣社員でも実務経験としてアピールできる

例え簡単なアシスタント業務でも、立派な「実務経験」になります。

デザインやコーディングをしなければ経験と呼べないのでは?と疑問に思う人もいるかもしれませんが、web業界に身を置くことである程度の知識は自然と耳に入ってくるはずです。全くの未経験だと業務で当たり前のように使う専門用語も分からない状態ですが、3ヵ月もすれば専門用語にも慣れ、理解できるようになります。

1年も経てば、アシスタント業務のほかにデザイナーとしての仕事も任せてもらえる可能性が高くなるでしょう。

2年以上の経験があれば、ほとんどのwebデザイナー求人が出している「実務経験あり」に応募できるようになるはずです。

自習時間を確保しやすい

残業が多い正社員と違って、働く時間が決まっている派遣社員には自分の時間を確保しやすいというメリットがあります。そのぶん、自習に時間を割けるということ。

派遣社員としてwebデザイナーの仕事に携わっているとはいえ、未経験だとまだまだ足りない知識はたくさんあります。

画像の切り抜きだけで契約期間を終えてしまうのはとてももったいないこと。時間を確保できるうちにwebデザインの勉強をして、早期活躍を目指しましょう。

空いた時間で副業ができる

副業ができることも、正社員にはない派遣社員ならではのメリットです。

フルタイムの仕事でWワークをするのは大変ですが、最近では自宅でできる仕事も増えています。インターネット上で仕事の受発注ができるクラウドソーシングサービスなどを利用して、両立しやすい仕事を選ぶと良いでしょう。

例えばバナー制作や簡単なコーディングなら単発でできるので、フルタイムで働きながらでも続けやすいですよ。

収入の面でも副業は安心材料となるのでおすすめです。

アルバイトからwebデザイナーになるメリット

基本的にアルバイトも派遣社員と同じく簡単なアシスタント業務が主な仕事です。大きく異なるのは、派遣社員の雇い主は派遣会社で、アルバイトの雇い主は実際に働く企業であること。

そのぶん、アルバイトには派遣社員よりもさまざまなチャンスがあるのです。

正社員登用を目指せる

派遣社員でも正社員になれるケースはありますが、最初から会社の仲間として雇ってもらえるアルバイトのほうが圧倒的に可能性は広がるでしょう。

企業としても、いきなり正社員として雇うのではなく、アルバイトとしてスタートさせて実力や仕事に対する姿勢を見たいと思っていることが多いようです。

アルバイトで入社するなら、最初から正社員になることを目指して行動すると良いでしょう。

社会人の基本である挨拶はもちろん、教えてもらったことをメモして同じことを質問しないようにしたり、こまめな報告・連絡・相談をしたりして、会社に「正式な仲間になってもらいたい」と思わせる努力が必要です。

仕事の幅を広げられる

決められた時間内で働くアルバイトには、任せられる仕事内容が限られてきます。そのため、デザイナー業務以外にほとんど雑用とも思える仕事を振られることも。

「思っていたような仕事と違う」「誰でもできるようなことじゃないか」とガッカリしてしまうかもしれませんが、小さな仕事とはいえコーダーやディレクター業務にも携われる可能性があるので、お得なポジションともいえるでしょう。

任された仕事をすべて笑顔で対応していると、周りの社員の信頼を得ることに繋がります。「ほかのことも任せてみようかな」と思わせたらあなたの勝ち。さまざまな業務に対応できるwebデザイナーに成長できるでしょう。

webディレクターを目指せる

webデザイナーとして活躍する人の多くは、ある程度の経験を積むとwebディレクターへのキャリアアップを目指すようになります。

webディレクターとは、クライアントの要望を聞き、デザイナーやコーダーといったスタッフをまとめ、プロジェクトの管理をする人のことです。

デザインやコーディングに関するスキルよりも、重要なのは企画力や進行管理能力。未経験のアルバイトからでも、基礎知識があればwebディレクターを目指すことも可能です。

「ゆくゆくはwebディレクターになりたい」と考えている人は、アルバイトで入社していろいろな仕事を経験してみてはいかがでしょうか。

未経験である以上、努力する覚悟は必要

実務経験やスキルを手に入れられるといっても、派遣社員やアルバイトで働くことへの不安が0になるわけではありません。

契約期間が決まっているため、契約更新とならなかったら次の就職先を探さなくてはならないですし、時給制のため、出勤日数の少ない月はそのぶんお給料が少なくなります。

しかし、それらのデメリットは自分のがんばり次第で解消できます。

HTML・CSSやデザインソフトの知識はあくまでも手段。デザイン力は磨くもの。勉強にゴールはありません。

webデザイナーとして入社したことに満足せず、足りない知識の勉強やポートフォリオ(作品集)の作成を続けることが優秀なwebデザイナーへの近道なのです。