HOME/未経験からwebデザイナーになる方法/異業種からWEBデザイナーへ転職した体験談

異業種からWEBデザイナーへ転職した体験談

SE(システムエンジニア)からWEBデザイナーへ転職

Webデザイナーになる前は、企業のシステムエンジニアをしていました。当時は、web.2.0という言葉が広がりつつあり、Appleがiphoneを発売した頃でもありました。

子どもの頃に映画で見たような世界が急速なスピードで現実に向かいつつあるのを肌で感じていました。元々何か作る側の人間になりたいと考えていたので、パソコンがあれば自分でも、子どもの頃に夢見たような世界をつくる一人になれると、webデザイナーという職業に憧れを持つようになったのです。

決定的だったのは、当時自分の周りではwebデザインをしている人がいないことが分かってからのこと。今でこそ専門的な知識がなくても高品質なwebサイトをつくることができますが、当時はまだそのようなサービスが登場する前のことでした。

Webの世界はハードルが高く感じられましたが、やるなら今しかないと思いwebデザインの世界に飛ぶこむことを決めました。

1からスクールで勉強

社会人スクールに通ってWebデザインのスキルを習得しました。独学でも、HTMLやCSSは習得できたと思います。しかし、スクールで勉強してよかったことは、webデザインのコンセプトメイキングや運用に関するデザインを取り巻く環境についてもトータルに学べたことです。講師が現役のwebデザイナーだったこともあり、生の業界の状況やノウハウを直接吸収できたことも大きかったです。

守破離という言葉がありますが、学ぶということはその言葉通りだなと感じています。ネットには古い情報も新しい情報も混ざった状態で存在しています。独学だと、その見極めも難しいと思いますが、スクールであればカリキュラムが整っており、初学者の基礎作りには最適だと思います。

基礎をしっかりと学ぶことができれば、応用は自分ですることができるので最初はどこかでしっかりと勉強することをおすすめします。

WEB制作会社に就職せずフラーランスとしての道を選択

スクールは就職サポートを行っているところが多く、実際私の通っていたスクールも求人情報がたくさん集まっていました。しかし、私はwebサイト制作会社には就職せずに、専門学校の仲間たちとクリエイティブ集団を作るという話に乗っかることにしました。

メンバーには、映像やグラフィックデザイナーが数名いましたが、webデザイナーは私だけという状況でした。彼らが作った作品を、webを介して多くの人に届けられるというのはおもしろそうだと感じていたからです。

当時はWordpressによるwebサイト管理が流行した時期で、すぐ新しいことを勉強する必要に迫られましたが、楽しんで仕事をすることができました。Webデザイナーとしての知識は、スクールを卒業してから、仕事の中で身に着けたものです。Webの世界は流動的で、常に進化しています。

独学で新しいことをどんどん吸収していかないと大変な答えのない世界だと思いますが、同時にそこがとても魅力的な業界です。地道な作業は多いですが、情報を発信する人と受け取る人の窓口を作ることのできる点がおもしろいところだと思います。

エリア別おすすめwebスクール3選はこちら>>

関連するページ