HOME/未経験からwebデザイナーになる方法/未経験の主婦がWEBデザインを学んでホームページを作成した体験談

未経験の主婦がWEBデザインを学んでホームページを作成した体験談

知識・経験0だったのにホームページの作成依頼が…

ある日、「前はIT企業に勤めていたんでしょ?」と友人からホームページの作成を頼まれたことがきっかけで、Webデザインのスクールに通うことになりました。

主婦になる前に勤めていたのは、確かにIT企業でしたが担当していたのは営業・企画。エンジニアチームと打ち合わせをすることはあっても、CSSやHTMLなど、ホームページの作成に必要な基本的な言語に関する知識はゼロでした。

もちろん、興味はあったのですが仕事をしていたときはそのために勉強する時間を捻出できませんでした。友人にも知識や経験はまったくないことを伝えたものの、せっかくなら、ということで依頼を引き受けることにしたのです。

独学を断念しスクールへ

最初は、ネットや本を買って勉強すれば独学でもできると考えていました。調べてみると、WordPressがよいということだったので、いろいろさわってみましたが、自分一人ではなかなかうまくいきません。基礎がなかったので、仕組みが理解できず力尽きてしまいました。

ひな形をそのまま使えばもう少しハードルは低かったとは思いますが、引き受けた以上は友人の要望に最大限応えたかったのです。ちょうどそのころ、ネットで偶然、主婦やママ限定のWebデザインのコースが開講されることを知りました。

自分と同じような境遇の人が集まるなら気兼ねしなくてよさそうなこと、コースが一カ月という短期間に設定されていたことも背中を押しました。

授業はオンラインでの予習と週1回予習してきた知識を実践する講義を組み合わせることで、反復して学ぶことができます。途中でドロップアウトしてしまう人を出さないプログラムになっていたので、安心してしっかりとスキルを身につけることができました。

短期集中が功を奏した

講義は週に1回でしたが、短気集中講座なのですべきことはたくさんありました。いかに勉強時間を確保するかということが肝心です。コースを受講した1ヶ月間は、平日は2~4時間、週末も平均して3時間程度はPCに向かう生活を送りました。

特に実際のホームページを制作する3週目以降は少しでも多くの時間PCに向かえるように、家事の分担など家族にも協力を仰ぎました。最終的に依頼されたホームページは無事完成。受講したコースはテキストエディタでホームページを構築していくので、WordPressはフレームワークがある分簡単だと感じるまでになりました。

その後WordPressを使って別のサイトを作ってみたところ、基本的なプログラミングの方法が理解できているので、コースを受ける前よりはずっと楽にできたのは嬉しかったです。

プログラミングは独学で学ぶことも不可能ではありませんが、スクールに通うにはお金もかかるので、ある種の強制力が働きます。自分にプレッシャーをかけて、短期間かつ体系的に効率よく学びたい人にはおすすめです。

エリア別おすすめwebスクール3選はこちら>>

関連するページ