HOME/未経験からwebデザイナーになる方法/WEBデザイナーへ転職するために知っておきたいHow to

WEBデザイナーへ転職するために知っておきたいHow to

転職活動をする前にまずはポートフォリオを準備

ポートフォリオは、他の職種への転職であれば、職務経歴書のようなものでしょうか。Webデザイナーなどのクリエイティブな職種の場合、「作品集」という意味があります。これまでの受注案件や企業での実績、作品などをWebサイトや冊子にまとめて、実績やスキルを第三者にも分かりやすく説明するものです。

未経験であれば、架空の会社やお店のWebサイトを作ってみましょう。経験がない分、ポートフォリオを充実させることはとても重要です。ポートフォリオにはWebポートフォリオと紙のポートフォリオがありますが、転職という場面では紙のポートフォリオもWebポートフォリオと同じくらい重要です。Webポートフォリオは確かに紙では難しい表現が可能です。

しかし、Webポートフォリオは環境に依存してしまう弱さがあります。面接会場にネット環境があるか、PCが使えるかは分かりません。紙であれば、会場の環境を確かめる必要なしに素早くポートフォリオを提示できる利点があります。また、紙は面接担当者のデジタルリテラシーに関係なく利用できることもメリットです。

一次面接は人事の担当者であったり、最終面接は役員や社長であったり、必ずしもデジタル領域に詳しいとは限りません。紙のポートフォリオであれば、面接担当者にポートフォリオを簡単に手渡すこともできます。

相手を選ばず、物理的に資料を手渡しできる点も紙ベースでのポートフォリオを用意しておくことをおすすめする理由の一つです。ポートフォリオは、自分を伝える有効なツールの一つではありますが、面接で大切なことは、人材価値を評価してもらうこと。

強いインパクトを与えるとともに、レイアウトのルールを統一して伝わりやすいポートフォリオを作成しましょう。

応募や面接について

未経験でWebデザイナーに転職する場合は、直接企業に応募しましょう。企業は派遣会社に未経験者は求めていない上に、派遣会社の求人紹介の頻度は高くないからです。企業へはどんどん応募しましょう。

面接を突破する方法

書類選考の次は面接です。未経験者が面接を突破する方法は、熱意をもってアピールすること。面接官が見ているのは、会社の雰囲気に合っているか、一緒に仕事をしたい人物かどうかという点です。スキルは実務を通していくらでも磨くことができますが、人柄を磨くのはなかなか難しいことです。よほど専門性の高い人材を採用しているときでない限りは、人柄がよければ上に推すこともあります。

逆に、書類選考を突破したのに面接で落ちる場合は、社風に合っていなかったとか、面接官との相性の問題もありますが、単純に熱意が足りなかったというケースも。未経験であっても変に物怖じする必要はありません。自信をもって臨みましょう。一社で採用されることは難しく、何社も受けることになるかもしれません。しかし、どの面接でも必ず、何か収穫を上げる心づもりでいるとどんどん面接のスキルは向上していきます。

質問タイムには、どのような人材を求めているのか、どのような社員が評価されるかを聞き、そこで聞いた答えを次の面接で自分が話す内容にしてしまうという方法をとれば、面接を突破する確率も高くなってくるでしょう。アピールだけでなく、マナーや話し方もとても大切です。

暗い人や不潔な人は特に女性受けが悪いので、明るく爽やかな演出は欠かせません。技術面では、少し教えたら使えると思ってもらえることが大切なので、話の引き出しは出し惜しみせずにアピールしてください。

20代未経験者の転職成功ポイント

20代であることは、転職する上でも武器になります。同じ未経験で20代の人と30代の人がいれば、多くの企業では20代の方を採用する傾向があります。若い方が長い目で見て、社員を育てていくことが可能だからです。20代の人がWebデザイナーに転職する場合は、スキルよりも情報リテラシーの高さをアピールしましょう。

専門学校などでWebデザイナーの勉強をしていることは、必ずしも有利には働きません。学校で勉強する程度の内容は、実務の中ですぐに身に着けることができるからです。常にアンテナを高く張って、移り変わりの激しい業界の情報に敏感になりましょう。面接では、スキルよりは人柄や熱意を見ていることが多いので、しっかりと自分の話を準備していくことをおすすめします。

30代未経験者の転職成功ポイント

30代になると、20代での転職よりもハードルは高くなります。年齢的には一介のデザイナーから、管理や指導をする立場になることが期待されるからです。そのため、30代の未経験者はWebデザイナーよりはWebディレクターを目指す方が現実的な場合があります。

Webディレクターは、自分でデザインをするのではなくクライアントの話を聞いてそれを形にするための指示をデザイナーに対して行うことが主な業務です。ディレクターはWebの知識とは別に、これまで従事していた仕事で身に着けたスキルを生かすことが期待されているので、コミュニケーション能力や調整能力をアピールするとよいでしょう。

エリア別おすすめwebスクール3選はこちら>>

関連するページ