HOME/その他のwebの代表的な職業を紹介

その他のwebの代表的な職業を紹介

web業界には、webデザイナーの他にもさまざまな職業があります。

このページでは、web業界でも代表的な3つの職業について詳しく解説。必要となる知識・スキルを学べる専門スクールとコース内容についてもご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

また、その他に知っておきたいweb業界の職種についてもまとめてみました。

webコーダー

webデザイナーが作成したデザインをブラウザで見られるよう、HTML・CSS・JavaScriptなどを使ってコーディングする職業。サイト構築の最終工程を担う職業であり、サイトの品質を左右する極めて重要なポジションです。webデザイナーがコーダーを兼任することも。

webプログラマー

SEが設計した仕様書に基づいて、サイト運営に必要なソフトウェア・システムを構築・作成する職業。HTML・CSSの知識はもちろん、PHP・JavaScript・Perlといった各種プログラミング言語を取り扱えるスキルが必要となります。

webディレクター

webディレクターとは、webサイト制作に関するプロジェクトの進行管理・品質管理などを担う職業。クライアントや制作サイドと関わることが多いため、web関連の知識・技術だけでなく高いコミュニケーション能力が求められます。

その他に知っておきたいweb業界の職種

webプランナー

クライアントと打ち合わせを行い要望を反映させて、webサイトとしてプランニング(設計)していく職業。クライアントと制作サイドの橋渡し的存在で、webに関する幅広い知識・提案力・コミュニケーション能力が必要となります。

webプロデューサー

web制作の総合責任者。プランニングから制作・納品まで、責任を持ってプロジェクトを引っ張っていきます。クライアントの要望を汲み取るコミュニケーション能力やweb制作の知識だけでなく、マネジメントに対する知識・スキルも求められる職業です。

サーバーエンジニア

webサイトへさまざまなサービスを提供するサーバーのシステム構築・保守管理を行う専門家。ユーザーが安心して利用できるwebサービスの提供には欠かせない職業であり、優れたサーバーエンジニアはどの企業でも重宝されます。