HOME/その他のwebの代表的な職業を紹介/webコーダーになるには?

webコーダーになるには?

webコーダーとはどのような仕事をする職業か、その内容と必要な知識・スキルについてまとめました。

webコーダーとは

webコーダー(HTMLコーダー)とは、webデザイナーが作成したデザインを、ブラウザ上で見られるように形作る職業です。HTML・CSS・JavaScriptや各種ソフトを使用して、クライアントのイメージに沿ったwebサイトを作成します。Wordpressを利用したwebサイトを製作することもあるため、場合によってはPHPのコーディングが必要になることもあるでしょう。また、作成したwebサイトの保守や更新を担当することもあります。サイト構築の最終工程を手掛けるwebコーダーは、サイトの品質を左右する極めて重要なポジションです。

webコーダーの働き方

webコーダーは正社員やアルバイトなど、さまざまな立場で仕事をすることが可能です。アルバイトの場合は、時給が1,000~2,000円の会社が多く、年収にすると300万円台半ば。決して高い金額とはいえませんが、自分の時間をコントロールしやすいのが特長です。未経験で実績を積みたい人や子どもの世話で家庭にいたい人にとってはピッタリの職種だといえます。

webコーダーの収入

正社員の場合は、月給20~45万円の求人が多くなっています。年収にすると300万円後半から400万円程度です。サラリーマンの平均年収は400万程度なので、決して高いとはいえません。しかし、正社員になると上流工程や企画立案など、達成感を味わえる案件を任される機会が多くなります。

webコーダーのキャリアアップ

Webコーダーは「webクリエイター」の第一歩といえるポジションです。Webコーダーからweb業界に入ってスキルを磨き、高度な分野を担当するマークアップエンジニア・フロントエンジニアや、サーバーサイドの領域まで扱うPHPプログラマーになるなど、別業種へと仕事の幅を広げたキャリアアップが一般的となっています。

webコーダーに必要な知識・スキル

webサイトの制作にはさまざまなメンバーが携わります。その中でコーダー担う業務が、ディレクターの意図通りにサイトを組み立て、デザイナーの案に沿ってサイトをデザインすることです。

実務で必要なスキルとは?

HTMLやCSS、JavaScriptといった各種言語の知識を持っているのはもちろんですが、webコーダーにはサイトを複数のブラウザ(Chrome・Internet Explorer・Firefox・Safari)で正常に表示させるスキルが必須です。一部ブラウザではHTML5やCSS3の新しいコードに対応していないケースもあるため、以前まで広く使用されていたXHTML4.01に関する知識があれば、なお良いでしょう。

これらに加えて、

  • テキストにタグ付けをするマークアップ作業などの知識と技術
  • 検索エンジンで特定のキーワードを上位表示させる対策「SEO」を踏まえたコーディング知識
  • PhotoshopやIllustratorなどのデザイン編集ソフトの知識
  • ホームページ制作ソフトDreamweaverの知識

などもコーダーに欠かすことのできないスキルです。

サイトを公開した後は、更新や保守管理を任されることがほとんど。そのため、更新・保守管理の作業を視野に入れたコーディングの技術も必要となります。コーダーは、プログラミング言語をはじめ、CMSの構築や管理などのwebサイトに関しての幅広い知識が重要となる職種です。

また、持っていると就職に有利なのが「webクリエイター試験」。HTMLとCSSの知識についての検定試験で、初級と上級に分類されています。特に上級はHTMLとCSSを十分理解できてwebサイトを製作できるレベルであることの証明になるので、取得すると良いアピールポイントになるはずです。その他にも、「ウェブデザイン技能士」や「JWAwebデザイン検定」なども役に立つ資格といえます。Office系ツールの「Word」や「Excel」などを使用した実務経験もあると良いといえるでしょう。

webコーダーとして成功するコツ

大規模なサイト構築の場合は、プランナーやwebデザイナーを含めて役割分担がはっきりしています。しかし、小規模なサイト構築では、webコーダーがプランナーやwebデザイナーの業務を兼任することは珍しくありません。場合によっては、複雑なアクセス解析ツールの初期設定など、コーティングに留まらない幅広い知識や技術が求められることも。コーダーに、webサイトの企画立案やクライアントへの改善提案を任せている会社も存在します。

そのため、単にコーディングのスキルを持っていれば良いわけではありません。確かなコーディングスキルやスピードに加えて、ビジネススキルやクリエイティブな発想も求められます。

サイト制作はチームでの仕事が基本です。自分の仕事だけにこだわらず、チームの一員として周りとコミュニケーションを取り、新しい技術や情報を積極的に磨くことが大切。また、webコーダーは仕事量が多くなり、業務をこなすだけで精いっぱいになりがちです。日頃からタスク管理能力を鍛え、作業スピードを上げることを意識しましょう。実務以外のスキルを磨くことで、他のwebコーダーとの差別化を図ることができるはずです。

自分が将来的にサイト全体設計するようなwebデザイナーになりたいのか、それともプログラミングやマークアップを専門としたエンジニア刑に進みたいかなど、広い視野で方向性を定めると、よりスキルアップが目指せますよ。

webコーダーについて学べるスクール3選

webコーダーについて学べる専門スクールを3校ピックアップしてご紹介します。

ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミーのキャプチャ

公式サイトで詳細をチェック>>

就職率は96.1%!50種類のコースの中から選択できる

■webコーディング実践コース

webコーディングに必要な基礎コースの内容に加え、HTML・CSSを用いてワンランク上のコーディングをする技術や、JavaScriptによるプログラミングまで習得できるのが特徴。web制作の現場では画像の切り出しやプログラミングなどの作業もwebコーダーに求められることが多いため、必要となるスキルを総合的に習得できるようになっています。

ナガセPCスクール

ナガセPCスクールのキャプチャ

※2017年3月で閉校しました。

基礎から応用まで短期間で学べる環境

■HTMLコーダー短期養成パック

HTMLコーダー(webコーダー)として必須である最新のコーディングスキル「HTML5」「CSS3」の基礎から、「JavaScript」「jQuery」を用いた応用スキルまで網羅した短期養成コース。最終的には、スキルの証明である「Webクリエイター能力認定試験 上級」の合格を目指していきます。

アビバ

アビバのキャプチャ

公式サイトで詳細をチェック>>

webデザインの基礎をしっかり学べるシステム

■HTMLベーシック

webサイト制作に必須であるHTML・CSSの基礎をしっかりと学べるコース。メモ帳を使って簡単なwebページを作成する課題を通し、基本的なHTML・CSSの記述方法をマスターしていきます。受講期間は2ヵ月と短期間なので、基礎の基礎からじっくり始めたい初心者の方におすすめです。