HOME/その他のwebの代表的な職業を紹介/webディレクターになるには?

webディレクターになるには?

webディレクターになるにはどんな知識・スキルが必要か、どんな仕事をする職業かといった情報をまとめました。

webディレクターとは

webディレクターとはwebサイト制作に関する進行管理・品質管理・予算管理などを担っている人のことを指します。

webディレクターの仕事内容や収入

限られた予算内でベストな提案を行い、クライアントが納得できるような品質を実現していく能力が求められるため、幅広く活躍したい人におすすめの職業。制作のプラン作りや編集作業を担うwebプランナーを兼任する人が多いのも特徴です。

そんなwebディレクターの雇用体系は、正社員がほとんど。平均年収は452万円。年代別で見ると20代は371万円、30代は471万円、40代以上で559万円となっています。経験を積むにつれて、年収は増加する傾向にあるようです。

webディレクターになる手順

新卒や別業界の人がいきなりwebディレクターになるというケースはほとんどありません。可能性があるとすれば、専門学校や転職前の職場などで「チームで何かを制作していた」という経験があり、ディレクションを担っていたような経歴を持っている人である場合。あるいは会社の規模が小さい場合にも入社当初からwebディレクター業務を任されることがあります。大きな会社でいきなりwebディレクターを任される可能性は低いと考えて良いでしょう。

大手企業でwebディレクターとして働きたいと思うのであれば、ディレクション経験を積んで転職するか、新卒として入社するときにディレクター希望で採用してもらうのが一番かもしれません。フリーランスで働くことも可能ですが、企業に勤めるよりもより高い実績や経験が求められるため、こちらもいきなり挑戦するのは無謀といえるでしょう。

webディレクターとしてステップアップするには

Webディレクターになった後に必要となるスキルは、アクシデントやトラブルが起きたときの「問題解決能力」、成果が数字で見えるサイトの構築をする「ビジネスへの理解力」、リスクと向き合い最小限に留める「リスクに向き合う提案力」の3つ。 これらを身につけると、さらなるステップアップが期待できるはずです。

webディレクターに必要な知識・スキル

webサイト制作に関するさまざまな分野を統括するwebディレクターですが、知識・スキルの他に必要となるのが「コミュニケーション能力」です。webディレクターは、クライアントと制作スタッフの架け橋となる役割を担っています。この懸け橋が上手くいかないと、クライアントの求める品質を実現することはできませんし、スタッフのポテンシャルも最大限に発揮させることはできません。その他にも、プロジェクトの進捗を確認しながら着実に進行させる管理能力も必要となります。

【実務編】webディレクターに必要な知識・スキル

webディレクターになったら「ツール」の使用も重要になってきます。

webディレクターの必携ツール

Thunderbird(サンダーバード)

ひとつのPCアドレスだけを使用してメール管理をしている人は多いと思います。しかし、モバイルPCを持ってオフライン環境でも快適にメール管理を行うならば、やはりメーラーは必須。中でもThunderbird(サンダーバード)は、カスタマイズも豊富なうえ、かゆいところにも手が届くメーラーです。

秀丸エディタ

メルマガ作成・メモ作成・議事録作成・コーディングなど、幅広い分野で活用できるテキストエディタです。

KeePass

無料で使用できるパスワード管理ソフトです。ネットバンキング・会員サイト・webメールなど、インターネットで利用するIDとパスワードの管理に高い効果を発揮します。

Skype

便利なボイスチャット機能を使用すると、無駄な会議が必要なくなります。iPhoneにも同期して使える便利な無料のインスタントメッセンジャーです。

Gyazo

スクリーンショットをすぐに生成できる無料のソフトです。情報収集に効果を発揮します。

fenrir

ファイルの呼び出しやサイトの一発呼び出しなどに効果を発揮します。一度使用すると、マウスを使いたくなくなるくらい便利です。

Dropbox

無料で利用可能なオンラインストレージです。外出中でもスマートフォンを使用して、いつでもどこでも最新のファイルを見ることができます。また、チームメンバーとファイルの共有もカンタンにできますよ。

ツールを上手く使用できれば、仕事を効率よく進めることができます。ディレクターの仕事の効率が良くなると言うことは、チーム全体の仕事の効率化にも繋がるはずです。上手にツールを使いこなして、成果を上げていきましょう。

webディレクターとして成功するコツ

webディレクターにはツールを使いこなすだけではなく、クライアントとチームの懸け橋となるための能力が必要になってきます。また、チームの進捗管理、急な要望に応える力など人と仕事を繋げるスキルも求められるのです。

成功するために必要な能力

コンサルティング能力

ディレクターにはクライアントの要望を聞き出し、どのようなマーケティングの戦略に乗せてwebサイトを制作するのが一番なのかを提案する力が求められます。時にはクライアントの要望をより高い水準で実現するために提案に対してNOと言う強さも必要です。

タスク管理能力

web制作は基本的にチームで動く仕事です。ディレクターはチームの仕事をスケジューリングしたり、進捗をきちんと把握したりとタスクを管理する能力が問われます。また、イレギュラーな仕事に対応できるように常に準備しておくことも求められるでしょう。また、タスクは進捗管理だけでなく、無駄な仕事をしていないかチェックするのにも有効です。時間がかかっている工程を見つけ改善していくことで、作業スピードも上がっていきます。

チームマネジメント能力

ディレクターにはチーム内の仕事を円滑にするための潤滑剤の役割もあります。適切な仕事を割り振るためにチームメンバーとコミュニケーションをとり、仕事とそれに対する考え方を理解しておきましょう。また、チーム全体のスキルアップも視野に入れた仕事の取り組み方が必要。向上心を持ってもらえるよう働きかけるのも、ディレクターの仕事の1つです。

webディレクターとしてスキルアップするためには、仕事への理解とコミュニケーションが欠かせません。しかし、初めからチームのすべてを1人で背負ってしまうと大きく躓いてしまう可能性があります。チームメンバーと助け合いながら、スキルアップを目指してくださいね。

webディレクターについて学べるスクール3選

webディレクターについて学べる専門スクールを3校ピックアップしてご紹介します。

Winスクール

Winスクール

公式サイトで詳細をチェック>>

制作の基礎からサイト分析までできるノウハウを教授

■WEBディレクターコース

webディレクターに必要な、ホームページ制作とウェブ解析の基礎を学ぶコースです。webサイト制作に必要不可欠なHTML・CSSの基礎から、Dreamweaverを用いた効率のよいサイト制作手法を習得。さらにweb解析では、サイトの問題点を把握して集客力・広告力の高いサイトへ改善するためのノウハウを身につけることができます。

デジタルハリウッドSTUDIO

デジタルハリウッドSTUDIOのキャプチャ

公式サイトで詳細をチェック>>

webデザイナーに必要なスキルを実践的に磨く

■Webデザイナー専攻 web担当者プラン

web制作の基礎となるPhotoshop・Illustrator・Dreamweaverの基礎、HTML・CSSなどの知識に加え、Webディレクションについても学べるコース。クライアントから求められているものを分析する力、ユーザーの心を掴むwebサイトの作り方など、webディレクターに必要な能力を実践的に磨いていけます。

ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミーのキャプチャ

公式サイトで詳細をチェック>>

就職率は96.1%!50種類のコースの中から選択できる

■プロになるためのwebデザイン講座

web制作という仕事の全体像を把握・理解するためのエントリー講座。「デザイン/クリエイティブ」と「ビジネス/設計」の2分割構成となっており、webサイトのプランニング・設計・運用フローといった、webディレクターに必須のスキル・知識を包括的に身につけることができます。