スクールに通う

専門スクールに通って、webデザイナーを目指すメリットについてまとめています。

スクールを利用してwebデザイナーを目指すメリット

webデザイナーになるのに特別な資格は要りません。やろうと思えば独学でもwebデザイナーを目指すことはできますが、専門のスクールに通うことで以下のようなメリットを得ることができます。

webデザイナーとしての基礎を固められる

日々進化を続けているweb業界ですが慢性的に人材不足のため、ある程度の即戦力を求めています。webデザインについて何も知らないまったくの素人を採用してくれる企業は、ないに等しいのが現状です。

そのため、webデザイナーにとって基礎となる部分はしっかりと固めておく必要があります。

スクールではwebデザインの基礎を1から分かりやすく学ぶことができますし、就職・転職活動に不可欠なポートフォリオ(いわゆる作品集)の作成についてもサポートしてくれるので安心です。

最新の技術を身につけられる

技術の進歩が激しいweb業界では、使用するソフトやツールの更新・新デバイスへの対応など作業環境がめまぐるしく変化しています。webデザイナーとして活躍していくためには、最新の技術についてしっかりと学んでいく必要があるのです。しかし、独学だとどれが最新の情報なのかイマイチ分からず、見当違いの勉強をしてしまうこともしばしば。その点、現役のwebデザイナーが講師をしているスクールへ通えば、現場ですぐに使える最新技術をピンポイントで学ぶことが可能です。

人脈を拡大できる

スクールは人脈の宝庫。講師や同じ目的を持つ受講生などと数多く知り合うことができ、web業界に人脈を広げられるのが何よりのメリットです。特にスクールに通う受講生はモチベーションの高い人が多く、知り合うことでよい刺激をもらうことが可能。就職・転職した後も連絡を取り合って最新の情報などをやり取りしたり、お互いに助け合うこともできます。将来的に独立を考えている人にも有益です。

手厚い就職・転職の支援

webデザイナーを養成する多くのスクールでは、就職・転職のサポートを行っています。サポート内容はスクールによって異なりますが、ポートフォリオの制作支援・web業界への就職セミナーの開催・スクール独自の求人情報の公開・面接のサポートなどさまざまです。受講中だけでなく卒業後も利用できるサービスを提供していることもあるため、事前にしっかり調べておきましょう。

なぜ専門スクールに通うのが良いと言われているのか

WEBデザインを学ぶ方法は色々とありますが、なぜ専門のスクールに通うのが良いとされているのでしょうか。スクール以外の勉強のメリット・デメリットを挙げつつ、スクールと何が違うのか比較してみました。

独学

自分のペースで学ぶことができる独学のメリット・デメリットをまとました。

メリット

  • 時間の調整ができる
  • 自分で考える癖や情報収集能力が上がる
  • 自分の好きなタイミングで勉強内容を変えられる

デメリット

  • モチベーションの維持が難しい
  • 教材や勉強方法を自分で考えなくてはいけない
  • 勉強している内容が現場で通じるのか分からない

スクールとの違い

スクールとの大きな違いは何といっても時間の調整です。独学の場合は、自分の予定に合わせてカリキュラムを組めるので調整がききます。スクールだと既にカリキュラムが組まれているので、その内容にあわせて動かなければいけません。忙しい人はスケジュールの調整で苦労する可能性があります。

独学のメリットは色々とありますが、時としてデメリットにもなるので注意が必要です。一人で何でも決められるからこそ、つい手を抜いてしまったり、休む時間を多くしてしまったりと逃げ道をかんたんにつくれてしまいます。計画性がない人やモチベーションの維持に自信がない人には独学は難しいかもしれません。

通信講座

かんたんに始めることができる通信講座のメリット・デメリットを見てみましょう。

メリット

  • 短い時間で効率よく学べる
  • すぐにでも勉強を始めることができる
  • 専門の先生に安い料金で教えてもらえる

デメリット

  • 質問への回答が遅い
  • 通信講座の種類によって勉強の質が大きく変わる

スクールとの違い

すでに組まれているカリキュラムをこなしていくので、短い時間で効率よく学ぶことができます。時間の調整がきく点や、安い値段で専門の先生の知識や技術を学べる点は◎。デメリットは質問への回答が遅いことと、通信講座によって勉強の質が大きく変わることです。

通信講座は先生と直接会ってやり取りするわけではないので、メールでの質問となると、どうしてもタイムラグが発生してしまいます。すぐに回答を得られないので、歯がゆい思いをするかもしれません。通信講座もう一つのデメリットは、種類によって勉強の質が大きく変わることです。

通信講座を行なっている会社の良し悪しで、テキストや勉強の内容が変わってくるので、受ける通信講座は慎重に選ばなければいけません。会社ごとの特徴を理解して、自分に合ったものを見つける手間が少し面倒です。

大学・専門学校

大学・専門学校に通うメリット・デメリットとは一体どんなものか確認しましょう。

メリット

  • あらゆるデザインについて学べる
  • 卒業すると学歴の面で有利
  • 仲間と一緒に切磋琢磨できる
  • 疑問があるとその場ですぐ質問ができる

デメリット

  • デザインを学ぶのに時間がかかる
  • やりたい分野のデザイン以外も学ぶ必要がある

スクールとの違い

大学・専門学校を卒業すると、学歴としては非常に有利です。就職活動においては一つの武器になります。同じ年代の人たちと学ぶことができるので、お互いに励まし合って勉強を進められるのは大学・専門学校の利点です。

モチベーションを維持するためにも、仲間の存在は大きいでしょう。スクールと似ている大学・専門学校ですが、大きく違うのは学ぶデザインの分野です。

スクールはwebデザインに特化して学べますが、大学・専門学校では幅広いデザインを学ぶのでやりたい分野から離れることがあります。webデザインに特化したいと考えているなら、スクールを選択すると良いでしょう。

独学・通信講座・大学や専門学校、それぞれにメリットとデメリットが存在します。どの勉強法が良いのかは、自分が置かれている状況やタイプ次第。ライフスタイルによって合う・合わないが出てくるので、よく考えてからwebデザインの勉強を始めるようにしましょう。