HOME/独学でwebデザイナーになるには/WEBデザイナーになるために必要なスキルとは

WEBデザイナーになるために必要なスキルとは

WEBデザイナーとしての必要条件

webデザイナーはデザインさえできれば良いわけではありません。独学で勉強すると、どうしても一人前の基準が見えにくくなるもの。何をもってwebデザイナーと名乗って良いのか、必要条件を確認しておきましょう。

webデザイナーとしての最低条件は、HTMLやCSSを理解していることです。web言語を知らなければ、webデザイナーとして働くことはまず不可能と考えてよいでしょう。

それからphotoshopやillustratorなどの画像処理ソフトを使いこなすスキルも必要です。最近ではデザインに動きを出すためにPHPやperlへの知識・技術を求められることも多いので、あわせてプログラミングも勉強しておくとよいでしょう。

独学でwebデザインを学んでいると、自分がもっているスキルが本当に役立つのか分からないものです。それは外から見ても同じことで、就職しようと会社の面接を受けても会社は独学者をどう判断したら良いのか分かりません。自分のスキルを判断してもらうには、自己アピールしかないので、どんな質問にも自信をもって答えられるように最低限のスキルは身に着けておくべきです。

WEBデザイナーとしてスキルアップに必要な能力

webデザイナーのスキルアップに必要な能力は5つあります。

1.事前準備力

デザインに取り掛かる前に大切なのが事前の準備です。依頼されたクライアントへのヒアリングはもちろん、クライアントの社風や歴史を調べて会社の色を把握しなければ、相手が満足するものを作ることはできません。

事前準備力は必ず持ち合わせておくようにしておきましょう。

2.理解力

クライアントから得た情報を理解する能力がなくては、相手の希望を反映させることは不可能です。

クライアントの満足度を上げるためにも、理解力はwebデザイナーにとって非常に重要な能力といえます。

3.ライティング力

どんなに良いデザインに仕上がったとしても、人に訴えるライティング力が弱いと魅力が半減してしまいます。

デザインを最大限良く魅せるためにも、ライティング能力はもっておきたいところです。

4.マーケティング力

マーケティング能力がなければ作ったものが全くユーザーに刺さらず、無意味なものとなってしまいます。

センスだけでやっていける世界ではないので、市場を知ってデザインを効果的に見せるマーケティング能力は必須です。

5.問題解決能力

最も重要な能力と言っても過言ではない“問題解決能力”。デザイナーの仕事は、クライアントの問題を解決することです。

どうしたら問題が解決できるのか、現実的な路線で考えられる力はデザイナーにとってなくてはならないスキルです。

独学で5つの能力を身につけたいなら、まずはとにかく動くこと。一気に5つの能力を伸ばそうと勉強を始めると中途半端になる恐れがあるので、まず自分に必要な能力をピックアップして優先順位をつけましょう。

そうすることでやるべき事が見えてくるはずです。オールマイティにできると、webデザイナーとしての価値がグッと上がるので、最終的にはバランスよく能力が伸ばせると◎。

成長しないWEBデザイナーの悪例

つねに新しい情報が飛び交うweb業界では、webデザイナーとして成長しない選択肢を取ってしまうと、すぐに使えないと判断されます。どんなwebデザイナーが成長しないとされているのか、5つのタイプごとにまとめました。

1.情報収集をしない人

1日経てば昨日知りえた情報が古い情報になってしまうほど変化が目まぐるしいwebの世界。そんな舞台で活躍するwebデザイナーが情報収集をサボってしまうと、一気に置いて行かれて時代遅れのデザインだと評される恐れがあります。

独学でwebデザインを学んでいる場合、自分で動かない限り情報が入ってきません。情報収集は怠ることなく小まめに行なうようにしましょう。

2.コードをストックせずに始めから書き直す人

デザインにおいてよく使うコードは基本的に決まっています。毎回わざわざ書き直していると時間だけが無駄にかかってしまうので、よく使うコードはEvernoteなどのメモツールに残しておきましょう。

組み込みの時間が短縮できると、その分デザインを考える時間に充てることできるのでおすすめです。

3.新しいことにチャレンジしない人

主流がよく変わるwebデザインの世界において、新しいことにチャレンジできない人はwebデザイナーとして致命的です。独学でデザインを学んでいる人は、新しいことへのチャレンジを積極的に行なって感性を磨いておくと良いでしょう。

4.提案ができない人

指示されたことを的確にこなすことはもちろん大切ですが、自分のアイデアをきちんと提案することもwebデザイナーにおいて重要なスキルです。

指示内容を単純に受け取るのではなく、本質を捉えてより良い提案ができないか模索するクセを身につけるとwebデザイナーとしての価値が高まります。

5.周りの意見に耳を傾けられない人

こだわりが強すぎて周りの意見に耳を傾けられない人がいます。周りの意見を拾うことで今までに考え付かなかった新しいアイデアを生み出すことができる可能性もあるので、自分だけの世界に浸るのではなく外に目を向けるようにしましょう。

デザインに自信をもつことは大切です。ですが、行き過ぎてしまうと融通がきかない扱いにくい人のレッテルを貼られるかもしれません。より良いものをつくるには一人の力では限界があるので、こだわりは持ちつつも周りの意見に耳を傾けられる人になりましょう。

成長するもしないも全ては自分次第です。どんなwebデザイナーになりたいのか指標をもっていると、道から逸れたときに軌道修正がきくので、つねにしっかりとした指標をもっておきましょう。

独学から優秀なWEBデザイナーになるには

独学から優秀なwebデザイナーになるには、すでに活躍しているwebデザイナーの姿勢を見習うことです。優秀な人をさまざまな角度からチェックして取り入れるべき部分を吸収する必要があります。そのために、まず一般的に優秀と称されているwebデザイナーの特徴を把握しておきましょう。

優秀なwebデザイナーの特徴

優秀なwebデザイナーには共通している特徴があります。まず、人として見栄を張ることがありません。忙しいと口にすることもほぼありません。優秀な人は忙しさを言い訳にしないのです。

優秀な人はあらゆるチャンスを逃がさず、物事を吸収しようする心構えを持っています。技術面に関しては、勉強を怠ることなくしっかりと基礎を固めたうえで、自分の頭の中にある独創的な発想を誰もが確認できる形で提供。独りよがりになることはありません。

独自性を求めるなら基礎をしっかり固める

独学でwebデザインを勉強している方がよく陥りがちなのは、オリジナルを制作しようと意気込むあまり基礎を疎かにして独りよがりになってしまうことです。webデザイナーとして自分だけのオリジナルをもっていることは強みになりますし、将来性にもつながります。

独自性をもつことは決して悪いことではありませんが、それは基礎ができてからこそ磨くスキルです。基礎を疎かにしてしまうと、自分が考えているデザインを形にすることはできません。優秀なwebデザイナーはその点を十分に理解しているからこそ、決して基礎を疎かにすることはないのです。

デザイナーとしての心構え

基礎はデザイン技術だけを指すのではなく、デザイナーとしての心構えのことも表します。優秀なデザイナーになりたいなら、トレンドをいち早くキャッチして、なぜそのデザインが受けているのかを研究するバイタリティーが大切。

良いと言われているものはすぐに取り入れる好奇心と知識への貪欲さを持ち合わせることです。

明確な目的をもって根気よく続ける

何かを始めたら、一定の期間は根気よく続けることも優秀なデザイナーが取っている行動特性の一つ。何をするにも明確な目的を持ち、何らかの答えを導き出しています。

「なんとなく」という回答はありません。さまざまな事柄をあらゆる情報・知識・技術を用いて根気よく続けていくことができると優秀なwebデザイナーと称されます。

独学でwebデザイナーを目指すのは大変なことですが、決して不可能ではありません。1歩ずつ確実に進んで成長をしていきましょう。

エリア別おすすめwebスクール3選はこちら>>

関連するページ