HOME/webデザイナーとはどんな職業?

webデザイナーとはどんな職業?

ニーズが高まるweb業界において、注目を集めている職業の1つがwebデザイナーです。未経験から就職を目指したり、スキルを身につけて転職を目指す方も多くなっています。このカテゴリでは、そんなwebデザイナーになるための仕事内容・労働環境といった基礎知識をご紹介しています。

どんな仕事をするの?

こちらのページでは、webデザイナーが担当する仕事内容について詳しくご紹介しています。

webデザイナーとひと口に言ってもその作業内容は幅広く、デザインやコーディングなどのさまざまな知識・スキルが必要となってきます。

進化し続けるweb業界の基盤となる職業なので、基本的な仕事ができる知識・技術を身につけ、常に新しい情報をアップデートし、スキル向上のために学び続けることが重要になってきます。

また、現在のwebデザイナーの需要や今後の展開といった気になる将来性についても触れています。

「どんな仕事をするの?」を読む>>

収入はどれくらい?

webデザイナーとして仕事をしていくなら、誰もが気になる収入の問題。ここではwebデザイナーの平均的な年収と、キャリアアップによる収入アップのヒケツについて解説しています。

webデザイナーという職業は、幅広い仕事内容がある分、多くのスキルを習得することで収入を上げる機会もたくさんあります。どのようなスキルと知識を身につければ、どのくらいの年収が望めるのかにも触れています。

また、webデザイナーとして働くうえで押さえておきたい労働環境についても説明していますのでお読みください。

「収入はどれくらい?」を読む>>

webデザイナーに向いている人は?

webデザイナーはクライアントのニーズに合ったよりよい作品を作るため、常に探究心や好奇心を持っていなければなりません。

また、クライアントの要望を正確に把握するため、ある程度のコミュニケーション能力も備えている必要があります。

制作に入ったらひとりで黙々と作業をする時間が増えますが、モチベーションが低下すると作品の質も落ちてしまうので、忍耐強かったり、凝り性だったりするほどwebデザイナーに向いていると言えるでしょう。

逆に飽きっぽい人や、時間配分が苦手な人はwebデザイナーに向いていないので、安易に手を出さないほうが無難です。

「webデザイナーに向いている人は?」を読む>>