収入はどれくらい?

webデザイナーの気になる平均年収と、収入アップのポイントについてまとめています。

webデザイナーの気になる年収

webデザイナーの平均年収は、300~400万円くらいが相場。勤める企業によっても変わってきますが、webデザインを請け負う企業はほとんどが中小規模のため、高収入の方はあまり多くないようです。

収入をアップさせるには、とにかくスキルアップが大事です。SEOを踏まえたデザイン制作・JavaScriptやPHPの習得・スマホ向けのデザインやコーディングなど、新たな技術を身につけてできる仕事をどんどん増やしていくとよいでしょう。できる仕事が増えれば増えるほど収入アップのチャンスも広がり、年収400~500万円以上も夢ではなくなるようです。

また、キャリアを積むと技術を磨くだけでなく、マネジメント能力も必要となってきます。企業に勤めるwebデザイナーであれば、いずれ新人教育やプロジェクトのリーダーになる可能性が高いです。いわゆる、webディレクター・webプロデューサーへのキャリアアップです。

デザイナーの技術・知識に加えてディレクターやプロデューサーの仕事もできれば、さらなる給与アップも期待できます。ちなみにwebディレクター・webプロデューサーの平均年収は470~550万円ほどとされています。

企業でwebデザイナーとして実績を作り、フリーランスとなる手段もあります。フリーランスは基本的に仕事の単価を自分で決めることができるため、実力があれば企業勤めよりも稼ぐことも可能。自分で営業をして仕事を確保する必要はありますが、大手企業などと取引をして年に1,000万円以上稼ぐフリーランスもいるようです。

webデザイナーの労働環境

webデザイナーの勤務時間は企業によって異なりますが、基本的には定められた勤務時間内で働くことになります。しかし、webデザイナーには必ず納期や締め切りがあり、残業(深夜残業含む)を余儀なくされることもしばしば。また、企業ではチームを組んで作業をするため、自分の抱えている仕事が終わったとしても、周囲のフォローやチェック作業などに時間を取られることも多いようです。ただ、残業時間を減らす努力をしている企業も多いため、「残業が多いのは当たり前」などとあきらめず、あらかじめ情報を集めておくのが賢明です。

フリーのwebデザイナーの場合は、仕事をする時間を自分で自由に設定することができます。しかし、企業と違ってすべての作業を1人で行わなくてはならないため、案件によっては企業よりもハードな労働環境になることも。クオリティを落とさずに仕事を完遂できるよう、仕事の量をコントロールすることも重要となってきます。

その他のwebの代表的な職業を紹介>>