HOME/webデザイナーとはどんな職業?/どんな仕事をするの?

どんな仕事をするの?

webデザイナーの具体的な仕事内容と、気になる将来性について詳しく解説しています。

webデザイナーの仕事とは

webデザイナーとは、クライアントから依頼されたwebサイトの設計・デザインを担当する職業です。クライアントが求めるコンセプトやイメージを汲み取り、全体のバランス・構成を踏まえてデザインを構築していきます。

webデザインとひと口に言ってもその作業内容は幅広く、ページレイアウト・配色・フォントの選定・バナー等のパーツデザインなど多種多様。さらにユーザーにとって使いやすくキャッチーであることが求められるなど、縁の下の力持ち的な存在で非常にやりがいのある職業となっています。そんなwebデザイナーの具体的な仕事内容は以下の通りです。

webサイトのデザイン

webサイトを機能的かつ美しくデザインすることは、webデザイナーにとってメイン作業の1つ。そのために使用するソフトは、Illustrator(イラストレーター)・Photoshop(フォトショップ)・Fireworks(ファイヤーワークス)などが一般的です。ソフトによって機能が異なるため、それぞれのスキルと知識を身につけて使い分けていきます。

webサイトのコーディング

webデザイナーであっても、場合によってはHTML・CSS・JavaScriptなどを用いたコーディングを担当することがあります。コーディングとは、webデザインを実際にサイトで見られるようにプログラミングする作業のことです。企業によっては、コーディング専門の「webコーダー」が在籍している場合もあります。

素材や広告クリエイティブの制作

webサイトの作成に必要なバナー・ボタン・ロゴなどの作成もwebデザイナーの仕事の1つ。サイトのイメージや機能性などを考慮しつつ、いかに魅力的な素材を作るかが大切です。web上に掲載する広告のクリエイティブ作成も請け負います。

webデザイナーの将来性

パソコン・スマートフォン・タブレットといったweb端末の使用が当たり前となっている現代で、ネット業界への需要はますます高まっています。新たなコンテンツも広がり続けているため、web業界におけるwebデザイナーの将来性は非常に明るいものと言えるでしょう。

ただし、web業界を取り巻く環境はめまぐるしく変化しています。webデザインに求められる技術・センスも急速に変わっているため、webデザイナーとして活躍していくにはさまざまな実績とスキルを身につけておく必要があるのです。Photoshop・Illustratorといったソフトだけでなく、できればHTML・CSS・JavaScript・Flashといったものも自在に操れるようにしておいた方がよいでしょう。持っている武器が多いほど、初心者でも即戦力として認知される可能性が高まります。

その他のwebの代表的な職業を紹介>>