HOME/webデザイナーの働き方とは?/フリーランスのウェブデザイナーは平均年収360万円

フリーランスのウェブデザイナーは平均年収360万円

人気職のウェブデザイナー。フリーランスだと平均年収はスキルや経験にもよりますが、200万円〜400万円以下くらい。副業の場合でも200万円くらいになるケースが多いようです。

フリーランスだとデザインのセンスに加え、仕事をより効率的にこなしていけるかが成功の秘訣といえます。

困ったときなどに相談したり、協力してくれる同業者とのつながりも必要となるでしょう。そんなフリーランスのウェブデザイナーについて、平均年収や中心年齢層などを中心に詳しく解説します。  

平均年収は約360万円!スキル・経験で上下

ある程度のデザインができてSEOを意識したコーディングがサクサクとできるレベルだと、平均年収は「360万円前後」になるそうです。しかし、これはスキルによって上下します。「HTML」や「CSS」のタグが書けるだけという程度であれば200万円代になることもありますし、「Flash」や「JavaScript」の知識もある場合は「400万円〜500万円以上」になるケースもあるようです。

フリーの中心年齢層は30代が多い

フリーランスのウェブデザイナーの中心年齢層は30代。年収は約3割が300万円〜400万円くらいとなっています。500万円以上の高収入を得ている人は、全体の3割程度のようです。

20〜30代は「副業」としてデザイナーをしている人も多い

20〜30代では、副業としてフリーランスのウェブデザイナーをしている人も多いようです。その場合の年収は高くても200万円以下ですが、これに本業の収入がプラスされるので十分な収入といえるでしょう。

専業フリーランスは40〜50代の中高年がメイン

専業でフリーランスをしているのは、40〜50代の人が多いようです。以前デザイナーとして会社勤務していた人が退職してフリーランスをしているというケースも多く、平均年収は300万円〜400万円が中心です。エンジニアなど専門性の高い知識がある場合は、1,000万円以上の年収になることも。 逆に、扶養控除の範囲内(年収100万円前後)で済むように働く人も増えています。

仕事内容によっても収入は変わる

フリーランスの場合、報酬=収入なので、請け負った仕事の内容によって収入が変わります。

例えば

バナー作成 5,000円〜
ロゴ作成 10,000円〜
ウェブデザイン(デザインのみ) 50,000円〜
ウェブデザイン (コーディング含む) 100,000円〜
チラシデザイン 20,000円〜

が相場のようです。

会社勤務のデザイナーは会社が仕事を請け負うので、任された仕事をこなすだけですが、フリーランスのデザイナーはただ待っていてるだけで仕事のオファーが来る人はほんのひと握りです。ほとんどの人が日々営業をし、自分で仕事を見つける必要があります。

例えば、日常会話以上の英語レベルなどがあれば年収450万円以上になったり、プログラミングの技術やディレクションも手がけられれば500万円以上になるケースもあるようです。

 

フリーランスで仕事を見つける方法は主にこの2つ

フリーランスの人がウェブデザインの仕事を得るためにはこの2つがメインのようです。

コンペ形式の案件

これはクラウドソーシングサイトによくあるタイプで、1つの案件に沢山のウェブデザイナーが応募します。その中で採用されるのは1人なので競争率が高いのが特徴です。採用されれば数万円の報酬が得られますが、採用されなければ0円です。

求人募集に応募

ウェブデザイナーの求人を見つけて応募します。採用されれば、スキルや経験によって上下するものの、月収20万円くらいが見込めるでしょう。経験豊富なベテランだと年収で400万円程度になるケースもあるようです。

人間関係の構築も重要!

フリーランスの弱みといえば、何か困ったときに頼れる人がいないところです。同業者の中に互いに相談や協力ができる人がいるとよいでしょう。1人では間に合わないときなどに振り分けられる相手がいることは、大きな助けとなります。また、仕事を見つける際にも、周囲の人間と良好な関係が築けていれば、紹介などで新たな仕事につながることもあるかもしれません。

フリーランスのウェブデザイナーは、社内デザイナーとは違う点にも気を配る必要がありますが、効率よく仕事をこなすための仕組みを整えることができれば安定した収入を得られるようになるでしょう。